電子箱庭『のらぴか 舞-mai-』

クリックで画像を表示
クリックで画像を表示
クリックで画像を表示

3次元の動きを測定し、光と音を奏でる

基板に搭載された3軸加速度センサーにより検出した三次元の動きで、
全てを操作する"のらぴか"です。傾けたり、揺らしたり・・・動きに合わせて音やドットマトリクスLEDによる模様を創り出します。
電源投入後にいくつかのモードを選択することができます。

モード[1]・・・演奏モード(”Sound Mode”)
 本体を傾けてカーソルを動かすことで、弦楽器のように演奏できるモードです。

モード[2]…描画モード("Drawing Mode")
 8x8のマスに好きな模様を描くことができるお絵かきモードです。

モード[3]…波紋モード("Wave Mode")
 前後左右上下それぞれに本体を揺らすと、音色と共にドットマトリクス上に波紋が現れます。

モード[4]…罠モード("Trap Mode-Easy") 難易度:Easy(易しい)
モード[5]…罠モード("Trap Mode-Hard") 難易度:Hard(難しい)
 三次元の動きや振動を検出して、エラー音を発生させるモードです。モード[4]と[5]でそれぞれ難易度が異なります。



●アルカリ単4電池 x 3本で動作します(電池付属)



  • 価格:3,500円
  • 注文数: